※Ver5.00以降データ構造が大幅に変更されています。
README.TXTやヘルプをよく読んでセットアップを行ってください。

Ver4.xx、DOS版からVer5.xxへのデータ変換方法についてはこちらをご覧ください。



==========================================================================
【ソ フ ト名】 アマチュア無線業務日誌 Turbo HAMLOG/Win Ver5.37
【登 録 名】 Thw537.exe
【著作権 者】 JG1MOU 浜田
【開発 環境】 Windows10 Pro 64bit(21H2)
【動作 確認】 LenovoノートPC Windows10 Home64bit(Windows7以降を推奨)
【作成 方法】 自動インストール(Thw537.exe を実行して下さい。)
【ソフトウェア種別】 フリーソフトウェア
【転載 条件】 他のネットへの無断転載は歓迎。無料であれば配布は自由。
==========================================================================
The "T"urbo-charged "H"amlog for "W"indows Version 5.37
--------------------------------------------------------------------------
*万一不具合やエラー等がありましたら、どのような操作を行ったときにどうなっ
 たかを「HAMLOGホームページBBS」へ具体的に書き込んで下さい。
*メールでの質問には、会議室でお答えします。
--------------------------------------------------------------------------
Ver5.37 2022/08/11
・JT-Get'sの設定画面に「特定局を選択−3」を追加。あらかじめ指定
 したコールサインが現れたら色付きで表示します。コールサインは、
 複数指定可能です。Tnx JN3MXT
・CTY.DATからのDXエンティティ認識のロジックを再修正。Tnx JA2BQX
・複合条件検索の検索−2がバグっていたので修正。Tnx JA7GJT
・デュープチェックで、同一局と2万回を超える交信をしても2万回まで
 しかカウントしないので修正。
・環境設定のプルダウン設定で、Freq欄に数字以外が入らなかったので
 修正。Ver4.xxのときの名残です。
・免許状Get'sでエラーのときはブラウザを表示するようにしました。
 総務省側でメンテナンス中のことがあるため。
・Big CTY - 04 August 2022を同梱。

Ver5.36a 2022/07/11
・Rig/Ant編集からCTY.DATが開けないように修正。
・検索メニューの部分文字列検索は、半角英字については大文字小文字
 の区別なしに変更。
・DX局/40などのように/の右側が数字の場合、CTY.DATの(40)を拾って
 しまって異なるエンティティになるので修正。Tnx JA9AOB
 その他、CTY.DATからのDXエンティティ認識のロジックを修正
・JT-Get'sの[wsjtx.logから強制転送]でAltキーとShiftキーを押しなが
 らクリックすると、wsjtx.logの下から3行目を入力ウインドウに転送
 します。(ちょっとコツが必要)
・Big CTY - 30 June 2022を同梱。

Ver5.36 2022/05/17
・環境設定3の「デフォルトのエリアナンバー」が機能しないことが
 あるので修正して差し替え。
Ver5.36 2022/05/09
・入力ウインドウの黄色くヒットした部分からRemarksなどにドラッグ
 するとき、他の局の内容を取り込んでしまうので修正。
・7M4***/PなどでJCC/Gコード頭文字入力のとき、1エリアにならない
 ので修正。
・7文字以上のコールサインで、過去の交信回数がおかしいことがある
 ので修正。Tnx JN4BNV
・JT-Get'sのファイルメニューに、WSJT-X用ALL.TXT分割機能を追加。
 肥大化したALL.TXTを月別に分割します。
・JT_LinkerなどからFT8の交信データが転送されてきたとき、RST欄が
 59のままのことがあるので修正。Tnx JA2GRC
・「データの保守」→「ウインドウを初期位置にする」でJT-Get'sを
 忘れていたので修正。Tnx JN3MXT
・Big CTY - 01 May 2022を同梱。


 ※半自動インストールでは、デジタル署名(ソフトウエア発行元証明書)が無いのでウイルス扱いされることがあります。
  特に、Wimdows10に付属のWindows Defenderは「最低限のセキュリティ対策」ということですので、出所不明なソフトは
  とりあえずウイルス扱いしておけば用が足りるのでしょう。 いずれにしましても、自己責任でインストールしてください。

このドキュメントはJG1MOU 浜田OMのDOCをもとにJF0VJNがHTML化し転載させて頂きました。

THW537.EXE(半自動インストール版)のダウンロード

THW537.ZIP(ZIP書庫版)のダウンロード