※Ver5.00以降データ構造が大幅に変更されています。
README.TXTやヘルプをよく読んでセットアップを行ってください。

Ver4.xx、DOS版からVer5.xxへのデータ変換方法についてはこちらをご覧ください。


==========================================================================
【ソ フ ト名】 アマチュア無線業務日誌 Turbo HAMLOG/Win Ver5.31
【登 録 名】 Thw531.exe
【著作権 者】 JG1MOU 浜田
【開発 環境】 Windows10 Pro 64bit
【動作 確認】 LenovoノートPC Windows10 Home64bit(Windows7以降を推奨)
【作成 方法】 自動インストール(THW531.exe を実行して下さい。)
【ソフトウェア種別】 フリーソフトウェア
【転載 条件】 他のネットへの無断転載は歓迎。無料であれば配布は自由。
==========================================================================
The "T"urbo-charged "H"amlog for "W"indows Version 5.31
--------------------------------------------------------------------------
*万一不具合やエラー等がありましたら、どのような操作を行ったときにどうなっ
 たかを「HAMLOGホームページBBS」へ具体的に書き込んで下さい。
*メールでの質問には、会議室でお答えします。
--------------------------------------------------------------------------
Ver5.31 2020/11/16
・環境設定4にHAMLOG E-Mail QSL画像専用のヒットを追加。通常のJPEG画像
 ヒットとは別に設定できます。HAMLOG E-Mail QSLの受信フォルダを指定して
 ください。ただし、登録者のみ使用可能。
 表示結果は、通常のJPEG画像ヒットと混在します。
・「データの表示&修正」を表示させ、メインメニューから入力環境設定を実行
 すると、固まってしまうことがあるので修正。
・「バンドモード別状況」でC4FMが集計できないことがあるので修正。
・表示メニューに「WSJT-X〜ALL.TXTを表示」を追加。
 WSJT-XやJTDXのバンド状況(ALL.TXT)をリアルタイムに読み込み表示します。
 ダブルクリックやENTERキーでコールサインを取り込んでデュープチェックし
 ます。また、WSJTX.logも読み込み、交信済みのバンドを表示します。
 Shiftキーを押しながら表示させると、次回から自動起動します。
・2018年4月、アフリカ南部の(3DA)Swaziland が国名を変更していたので、
 ARRL DXCC LISTに合わせ、HAMLOG.mstを"Kingdom of Eswatini"に修正。

Ver5.30 2020/07/27
・HAMLOGユーザーリストにヒットし、HAMLOG E-Mail QSL登録局であった場合は
 <hQSL>と登録内容を太字で表示し、右端にはhQSLのアイコンを表示するように
 しました。
・HAMLOGユーザーリスト一覧では、HAMLOG E-Mail QSL登録局には備考欄の左端
 にhQSLのアイコンを表示するようにしました。
・環境設定の設定1に「行間隔指定」を追加。一覧表示される行間を微調整する
 ことができます。
・免許状Get'sが非SSLで動作していたので、免許情報にはSSL(暗号化)接続
 でアクセスするよう修正。
・セキュリティ強化のため、SSL接続のレンタルサーバを乗り換えましたので、
 Turbo HAMLOG/Win もこれに対応させました。
 Ver5.29以前では、旧サーバを読みに行きますので、ユーザーリストのダウン
 ロード、登録や修正ができません。Ver5.30をご利用ください。

Ver5.29 2020/06/29
・マスターデータ一覧表示からエクセルを起動したとき、北海道中川郡、檜山郡
 などが表示されなかったバグを修正。
・バックアップ画面に2回目バックアップのフォルダ選択ボタンを追加
・JPEGヒットのフォルダに、プリフィックスのサブフォルダがある場合は両方を
 検索するように修正。
・HAMLOG E-Mail QSLをヘルプメニューに登録し、自動起動と終了ができるように
 機能追加。
・#Print命令を改良。横座標を-10000とすると、直前の文字列に続いた文字列を
 表示します。これにより、文字列の途中の文字のフォントや色などを変える
 ことができます。




 ※半自動インストールでは、デジタル署名(ソフトウエア発行元証明書)が無いのでウイルス扱いされることがあります。
  特に、Wimdows10に付属のWindows Defenderは「最低限のセキュリティ対策」ということですので、出所不明なソフトは
  とりあえずウイルス扱いしておけば用が足りるのでしょう。 いずれにしましても、自己責任でインストールしてください。

このドキュメントはJG1MOU 浜田OMのDOCをもとにJF0VJNがHTML化し転載させて頂きました。

THW531.EXEのダウンロード