※Ver5.00以降データ構造が大幅に変更されています。
README.TXTやヘルプをよく読んでセットアップを行ってください。

Ver4.xx、DOS版からVer5.xxへのデータ変換方法についてはこちらをご覧ください。


==========================================================================
【ソ フ ト名】 アマチュア無線業務日誌 Turbo HAMLOG/Win Ver5.28b
【登 録 名】 Thw528b.exe
【著作権 者】 JG1MOU 浜田
【開発 環境】 Windows7 Pro 64bit
【動作 確認】 LenovoノートPC Windows10 64bit(Windows7以降を推奨)
【作成 方法】 自動インストール(THW528b.exe を実行して下さい。)
【ソフトウェア種別】 フリーソフトウェア
【転載 条件】 他のネットへの無断転載は歓迎。無料であれば配布は自由。
==========================================================================
The "T"urbo-charged "H"amlog for "W"indows Version 5.28b
--------------------------------------------------------------------------
*万一不具合やエラー等がありましたら、どのような操作を行ったときにどうなっ
 たかを「HAMLOGホームページBBS」へ具体的に書き込んで下さい。
*メールでの質問には、会議室でお答えします。
--------------------------------------------------------------------------
Ver5.28b 2019/10/29
・IC-9700のバンドスタッキングレジスタ動作でモードが取得できないことがある
 ので修正。Tnx ICOMさん
・免許状Get'sで、同じコールサインを続けて入力したときは、免許状Get'sの
 バッファからQTH情報を取込むよう修正。Tnx JK3UQF
・環境設定や入力環境設定を閉じたときもINIファイルを書き込むよう修正。
・FT8などの移動運用局は"JG1MOU/P"と入力するそうなので、これを移動局と判断
 するように修正。
・【仕様変更】「ヒットしたらJPEG画像表示」のJPEG画像ファイル名は、コール
 サインに _ (下線符号)が入ったものとなるよう変更しました。
  [例] JA3QRK_1.jpg  JA1ZZ_191002.jpg  8J3ABCDE_012.jpg
 _ が区切りとなりますので、短いコールも長いコールも対応ができます。
 この変更により、既存のJPEG画像ファイルではヒットしないことがあります。
・環境設定4の「ヒットしたらJPEG画像表示」をチェックし直すと、既存のJPEG
 画像ファイルを一方的に_付きにリネームします。
 * ファイル名の7文字目に下線符号を挿入します。
 * 半角スペースがあれば、下線符号に置き換えます。
  [例] JG1MOU01.jpg→JG1MOU_01.jpg  JA1ZZ 01.jpg→JA1ZZ_01.jpg
 ただし、記念局など7文字以上のコールでも7文字目に下線符号を挿入して
 しまいますので、あらかじめ手作業でリネームしておいてください。
 すでにコールの次が下線符号付きであれば一括リネームはしません。
 念のためバックアップを取ってからチェックし直してください。
 この一括リネーム時にウイルス対策ソフトから警告が出ることがありますが、
 そのまま実行してください。

Ver5.28a 2019/04/21
・免許状Get'sで4文字のコールサインが処理できなかったので修正
・クイックバックアップしたフォルダを記憶するようにしました。
・JCCコードの頭文字入力で、東京都23区ダミーデータが表示されないよう修正
・複合条件検索でCode欄にCを入れて市を対象にし、JCC/Gコード順の重複なしで
 検索したとき、"区を含めて重複なし"で検索されていたのを"市の重複なし"で
 検索されるように修正。(JCCのWkd件数と一致します。)
・複合条件検索でCode欄にGを入れて郡を対象にし、JCC/Gコード順の重複なしで
 検索したとき、"町村の重複なし"で検索されていたのを"郡の重複なし"で検索
 されるように修正。(JCGのWkd件数と一致します。)
・QSL印刷の定義に、#Utc2Jst命令を追加。DX/国内にかかわらず、UTCはJSTに
 変換してQSL印刷します。
・QSL印刷の#ADIF命令で、プリンタに若干データを送っていたので修正。
・QSL印刷定義ファイルで印刷除外したデータがQSL発行済みになるので修正。
・マスターデータに 2731 兵庫県丹波篠山市を追加 2019年5月1日施行

Ver5.28 2019/01/26
・QSL印刷で、印刷中にDX局/国内局のチェックボックスが消えないので修正
・QSOデータの圧縮バックアップで、設定ファイル(Hamlogw.iniなど)も一緒に
 バックアップできるようにしました。
・QSL印刷の定義に、#Adif 命令と !Af(文字列長さ)を追加。QSL定義に基づき
 ADIFファイルを出力することができます。詳しくは、サンプル定義ファイルを
 参照してください。
・QSL印刷の定義に、#Jst2Utc命令を追加。DX/国内にかかわらず、JSTはUTCに
 変換してQSL印刷します。
・QSL印刷の定義に、!Bt(送信バンド),!Br(受信バンド)を追加。
・総務省免許状検索の仕様変更により免許状Get'sが動作しなくなったので修正。
 (変更された点〜https:から始まるSSL通信、文字コードがUTF-8に)



 ※半自動インストールでは、デジタル署名(ソフトウエア発行元証明書)が無いのでウイルス扱いされることがあります。
  特に、Wimdows10に付属のWindows Defenderは「最低限のセキュリティ対策」ということですので、出所不明なソフトは
  とりあえずウイルス扱いしておけば用が足りるのでしょう。 いずれにしましても、自己責任でインストールしてください。

このドキュメントはJG1MOU 浜田OMのDOCをもとにJF0VJNがHTML化し転載させて頂きました。

THW528b.EXEのダウンロード