※Ver5.00以降データ構造が大幅に変更されています。
README.TXTやヘルプをよく読んでセットアップを行ってください。

Ver4.xx、DOS版からVer5.xxへのデータ変換方法についてはこちらをご覧ください。


==========================================================================
【ソ フ ト名】 アマチュア無線業務日誌 Turbo HAMLOG/Win Ver5.27c
【登 録 名】 Thw527c.exe
【著作権 者】 JG1MOU 浜田
【開発 環境】 Windows7 Pro 64bit
【動作 確認】 NECノートPC Windows10 64bit(Windows-XP以降を推奨)
【作成 方法】 自動インストール(THW527c.exe を実行して下さい。)
【ソフトウェア種別】 フリーソフトウェア
【転載 条件】 他のネットへの無断転載は歓迎。無料であれば配布は自由。
==========================================================================
The "T"urbo-charged "H"amlog for "W"indows Version 5.27c
--------------------------------------------------------------------------
*万一不具合やエラー等がありましたら、どのような操作を行ったときにどうなっ
 たかを「HAMLOGホームページBBS」へ具体的に書き込んで下さい。
*メールでの質問には、会議室でお答えします。
--------------------------------------------------------------------------
Ver5.27c
・プリンタを替えた場合、QSL印刷画面を表示したときエラーになることがある
 ので修正。
・他のソフトから入力ウインドウにコールサインを転送した場合は、VK9やCE0
 などでDXエンティティ選択ウインドウが表示されないように変更。
・QSL印刷の定義ファイルに、!Rpを追加。Remarks1とRemarks2にある%で括った
 文字列を連結して印字します。自局運用地の文字列が長くなる場合、Remarks1
 とRemarks2の両方を使って表現できます。
・QSL印刷ウインドウに、DXのみ印刷/国内のみ印刷の選択を設けました。
・Wkd/Cfm一覧表示では、QSL欄に入力した文字の1〜3文字目を細かく指定できる
 ようにしました。(検索QSL、除外QSLを指定)

Ver5.27b 2018/06/10
・入力環境設定で、入力ウインドウの漢字を使用しない編集ボックスは、別の
 フォントを指定できるようにしました。欧文フォントも指定できます。
・免許状Get'sは、総務省免許検索のWeb-API機能を使うように変更しました。
 免許を受けた電波型式、周波数、空中線電力などが表示されます。
 QTHが空欄でない場合や移動運用の場合でも動作するようにしました。
・免許状Get'sで、地図のURLが若干変わっていたので修正。
・入力/修正ウインドウのポップアップメニューにQRZ.COM表示を追加しました。
・Rig接続のFT2000/FT9000の設定では、送受信の切り替えをMXコマンドに変更。
・ユーザーリスト等の表示でコールサイン順に表示させたときに、左端の表示
 番号もコールサイン順になるように変更。一度だけユーザーリストが使えな
 くなりますので、ユーザーリストをダウンロードしなおしてください。
・複合条件検索のADIF出力では、周波数に/が含まれる場合、SAT
 を出力するようにしました。
・周波数のチェックを若干厳密にしました。
・マスターデータに 4037 福岡県那珂川市 を追加(H30.10.1市制施行)

Ver5.27a 2018/02/10
・データのインポートで、前回のフォルダを記憶しておくこととしました。
・複合条件検索のADIF出力で、Remarks出力と%文字列%の選択を明確化。
 詳しくはヘルプで
・ユーザーリスト一覧表示のURL一覧で、httpsが表示されなかったので修正。
・Wkd/Cfmマスターデータ集計で、Mode指定は部分文字列ではなく完全一致とし
 ました。
・マスターデータにZ6 Kosovoを追加しました。859Aとしました。Tnx JA2BQX

Ver5.27 2017/10/11 Win98SEで動かなくなったので修正し、差し替え
Ver5.27 2017/10/09
・QSOデータのリストアでは、前回リストアしたフォルダを記憶することとした。
・COMポートのDTRやRTSをOFFで起動するルーチンがバグっていたので修正。
・免許状Get'sで、HAMLOG.mstのQTH情報と総務省情報のQTHが、2バイト違いまで
 なら取り込むこととしました。
・7文字コールサインを入力したときのデュプチェックの動作がおかしくなって
 いたので修正。
・複合条件検索の検索1に、移動局のみ/常置場所のみ出力する選択を追加。
・複合条件検索のADIF出力に、/JD1などの移動地をカットする選択を追加。
・QSL印刷の定義で、#MaxCallが2未満だと固まるので修正。
・QSL未着コール順一覧に、対象レコード番号指定を設けました。QSOデータ件数
 が多すぎると表示までに時間がかかるため、新しい(後方の)データのみ表示
 対象とすることができます。
・文字列の置換にFreq欄を追加しました。
・QSL印刷定義のサンプル JG1MOU1.qslを同梱しました。




 ※半自動インストールでは、デジタル署名(ソフトウエア発行元証明書)が無いのでウイルス扱いされることがあります。
  特に、Wimdows10に付属のWindows Defenderは「最低限のセキュリティ対策」ということですので、出所不明なソフトは
  とりあえずウイルス扱いしておけば用が足りるのでしょう。 いずれにしましても、自己責任でインストールしてください。

このドキュメントはJG1MOU 浜田OMのDOCをもとにJF0VJNがHTML化し転載させて頂きました。

THW527c.EXEのダウンロード