※Ver5.00以降データ構造が大幅に変更されています。
README.TXTやヘルプをよく読んでセットアップを行ってください。

Ver4.xx、DOS版からVer5.xxへのデータ変換方法についてはこちらをご覧ください。

==========================================================================
【ソ フ ト名】 アマチュア無線業務日誌 Turbo HAMLOG/Win Ver5.26c
【登 録 名】 Thw526c.exe
【著作権 者】 JG1MOU 浜田
【開発 環境】 Windows7 Pro 64bit
【動作 確認】 NECノートPC Windows10 64bit(Windows-XP以降を推奨)
【作成 方法】 自動インストール(THW526c.exe を実行して下さい。)
【ソフトウェア種別】 フリーソフトウェア
【転載 条件】 他のネットへの無断転載は歓迎。無料であれば配布は自由。
==========================================================================
The "T"urbo-charged "H"amlog for "W"indows Version 5.26c
--------------------------------------------------------------------------
*万一不具合やエラー等がありましたら、どのような操作を行ったときにどうなっ
 たかを「HAMLOGホームページBBS」へ具体的に書き込んで下さい。
*メールでの質問には、会議室でお答えします。
--------------------------------------------------------------------------
Ver5.26c 2017/06/03
・コールサイン入力時、ごく稀にDLLエラーがでるので、該当しそうなルーチンを
 EXEファイル内に移設しました。
・ヘルプメニューで他のソフトを起動する際に、パラメータを指定できるように
 しました。
 【例1】C:\Hamlog\Michino.exe D:\Data\湯けむり.mcsv
 【例2】C:\Hamlog\Hwcv\Hwcv.exe -L
・サフィックス・サーチとワイルドカード・サーチでは、検索結果が概ね3,000件
 を超える場合、時間がかかるし意味が無いので検索を中断してそこまでの検索
 結果を表示することとしました。
・QSL印刷時の検索項目に、Modeを追加しました。
・QSL印刷のRig/AntウインドウにLocation欄を追加しました。自局の運用地などを
 登録して印刷することを想定しています。
・Locationは、!Lcで印字することができます。
・バンド・モード別状況の表示を、メインメニューにも追加しました。
・複合条件検索で、1と2を淡色チェックで検索しても未チェックのデータが検索
 されないので修正しました。
・データ修正ウインドウでJST→UTC変換を行う際、01:23Z形式を指定していても
 01:23Uと表示されていたので修正。
・環境設定のプルダウンの表示形式を変更。
・リグと接続で、DVモードとC4FMに対応しました。
  IC-7100, IC-9100, FT-991, FT-991Aなど
・頭文字でJCC等コードを入れたとき、バンド・モード別状況が表示されなかった
 ので修正。
・マスターデータの郡の漢字を修正(福岡県三瀦郡 → 福岡県三潴郡)
・7-ZIP32.DLL Ver9.22.00.02を同梱しました。

Ver5.26b 2017/02/05
・複合条件検索でエクセルに出力させたとき、背面に表示してしまうので修正
・Wkd/Cfm地域一覧出力で、CSV出力やエクセル出力ではコールサインが11バイト
 までしか出力されなかったので修正しました。
 たぶん、Ver4.xxの頃のままでした。 Tnx JI1BDQ
 印刷やTXT出力では、これまでどおり11バイトまでです。
・文字列の置換の項目に、GL欄とQSL欄を追加しました。
・QSOデータチェッカーに、文字列中の&H1F以下のコードを探す機能を追加。
・複合条件検索で[URL]ボタンを追加。ブラウザでeQSLを表示させます。
・複合条件検索のADIF出力では、はeQSLで意味がなかったので、全て
 に変更しました。
・Wkd/Cfm一覧表示でGL集計ができないケースがあるので修正。

Ver5.26a 2016/10/10
・データ項目の幅変更で「DX局は/を含めてデュプチェックする」にチェックが
 入っている場合、コールサインに/が含まれるのでコールサインJPEGやテキスト
 が保存もヒットさせることもできないので、/は半角空白に置き換えて処理する
 こととしました。
・[ファイルを開く]ダイアログにヘルプボタンが表示されてないものが多かったの
 で、表示させました。
・文字列置換などの範囲指定の動作がおかしいことがあるので修正。
・環境設定などの[保存]ボタンを[OK]ボタンに変更。
・QSL印刷のRig/Ant選択印刷時に[OK]・[キャンセル]ボタンを表示させました。
・データのインポートで、幅の異なるQSOデータからインポートするとゴミが入る
 ので修正。
・HAMLOG.mstに0616宮城県富谷市を追加 2016/10/10施行

Ver5.26修正版 2016/08/06
・氏名やQTH欄などの全角文字列を含めた検索では、ワイルドカードの*や?を含む
 文字がうまく検索できないので、\*と\?に戻しました。(Ver5.25cと同じ)
・文字列置換や複合条件検索で、大きすぎるレコード番号が入らないように修正
 したのですが、複合条件検索は元に戻しました。(Ver5.25cと同じ)
・662A Kingman Reefを消滅エンティティにしました。

Ver5.26 2016/07/30
・半自動インストール(Thw526.exe)を7-ZipからZip形式に変えてみました。
・文字列置換や複合条件検索で、大きすぎるレコード番号が入らないように修正
・環境設定などのモーダルダイアログで、ヘルプにフォーカスが移らなかったの
 を修正しました。
・JCC/GコードをQTHの頭文字検索で入力するとき、QTH一覧の左端の数字キーで選択
 すると、距離と方位が違ってしまうので修正。
・QSOデータの圧縮バックアップで、一番古いバックアップが1つだけ残ってしまう
 ので修正。
・ヒットしたらJPEG画像表示で、Windowsの仕様により他の画像も拾ってしまうこと
 があるので修正。
・ヒットしたらJPEG画像表示のフォルダ内に、プリフィックス2文字のフォルダを
 作成し、整理して置くこともアリとしました。詳しくは、環境設定の設定4でヘ
 ルプをご覧ください。
・ヒットしたらJPEG画像表示で、日付やコールサインの逆順表示を加えました。
・複合条件検索において、全角文字や半角カタカナが含まれるADIFフィールドは、
 文字が化けるので出力しない選択を設けました。全角英数字のみの場合は半角英
 数字に変換して出力します。
・環境設定2でQSOデータの共有オープンを選択している場合は、データのインポー
 ト、日付時間順にソート、QSOデータの一括削除、データ項目の幅変更 の操作で
 警告が出るようにしました。
・FiveQSO.QSLで、同一QSLマネージャ経由で異なる局とQSOしている場合、用紙を
 分けて印刷できるように#Readk命令など修正
・ワイルドカードサーチで'7*'のように数字で始まるコールサインをサーチすると
 DX扱いになってしまうので修正。Tnx JP7CZE
・氏名やQTH欄などの全角文字列を含めた検索では、ワイルドカードは\*,\?をやめ
 て、半角の*と?、全角の*と?を使用することとしました。


 ※半自動インストールでは、デジタル署名(ソフトウエア発行元証明書)が無いのでウイルス扱いされることがあります。
  特に、Wimdows10に付属のWindows Defenderは「最低限のセキュリティ対策」ということですので、出所不明なソフトは
  とりあえずウイルス扱いしておけば用が足りるのでしょう。 いずれにしましても、自己責任でインストールしてください。

このドキュメントはJG1MOU 浜田OMのDOCをもとにJF0VJNがHTML化し転載させて頂きました。

THW526c.EXEのダウンロード