Turbo HAMLOG活用相談室は、アマチュア無線業務日誌SOFT「Turbo HAMLOG」の使い方についてのご意見ご質問を受け付ける掲示板です。
Turbo HAMLOG以外の事についての書き込みはご容赦ください。
アマチュア無線全般についての投稿は、アマチュア無線運用情報交換室をご活用下さい。
HAMLOG 活用相談室
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.17343] Re: 1)複数の窓口 2)データーの上書き 投稿者:JA9AOB 銅子   投稿日:2018/01/10(Wed) 09:34:25

> 上書きすると過去データは戻っても、折角入れてきたクラッシュ以後のデータが消えると
> お
> 教えいただいたのでゆっくり考えていきたいと存じます。ありがとうございました。
ちょっとお待ちください。古いバックアップデータとその後のデータを連結する事は可能です

まず、大事なQSOデータは別に保存しておいてください(名前が変更していなければ Hamlog.h
db)。
バックアップデータを読み込む(リストアー処理を行なう)と現在使っている、Hamlog.hdbは
上書きされます。
1.ファイル→QSOデータのリストアを実行 で過去の古いバックアップデータを読み込みます
2。オプション→データの保守→データのインポート HDBファイルからにチェック 他にチェ
ックは付けないこと
 開く を押して 保存した Hamlog.hdbを読み込む事で1.のデータに追加されます。 
もう少しお待ちください
 新しいデータに古いデータを再現してある場合が有るようですね。この場合、新しいデータ
を優先したいのでは無いでしょうか。例えばQSLの発行受領処理をしてある等。
となると手順としては 古いバックアップデータをHDBに戻しこれをいったん保存します(先述
のリストアで読み込み出来たデータを保存)。
新しいデータをハムログに戻します。この上に、データの保守で古いバックアップファイルを
レストオアし保存したHamlog.hdbを追加を行ないます。この際 日付時間等が同じデータを除
く にチェックを入れる事が肝要です。
最後に、オプション→データの保守→日付時間順にソート を実行すれば古いものから順に並
び換えが出来ます。

現在のHamlog.hdb 及び古いバックアップファイルをなくさない限り再現出来ますので、安心し
て試して見てください。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー